セロトニンを増やしてネキシウムやセルベール整胃を

病院へ駆け込むほどではないけれど、何となく体調がすっきりしないとか、胃の不調が続いているので美味しく食べられないとか、覇気がなくなったとか、不調が続くことは誰しもあるものです。
セロトニンが不足していると、心身に影響を及ぼす物質なので、精神面と身体面にさまざまな不調が起こって来ます。
たとえば、不眠、眠りが浅いこと、精神が不安定になること、自律神経が乱れることなどです。
それほど、ひどい症状として自覚がないと何となくすっきりしない原因がどこにあるのかすら分からないほどです。
不足する原因は、ストレスや疲労、運動不足、昼夜逆転の生活などです。
ストレスは、胃への影響も大きいので、そのために胃もたれや胃炎、胃潰瘍などを起こしてしまうこともあります。
セロトニンを増やすためには、朝日を浴びること、必要な栄養素を摂ること、腹式呼吸を行うこと、運動をすること、感情を豊かにすること、人に出会いペットとも遊ぶことなどを積極的に行えば可能です。

胃の不調が起こってしまうと、胃酸の分泌を抑えるネキシウムが良く処方されていて、効果が高いとされています。
また、市販のセルベール整胃も不調を治すのに役立ちます。

単に、胃の病変で胃の不調が起こっている場合もありますが、ストレスの影響を受けてセロトニンが不足していることで、胃のダメージも受けていることも考えられます。

セロトニンを増やす工夫を日常生活に取り入れてみることで、ネキシウムやセルベール整胃の効きも早くなる可能性があります。
ストレスの影響を受けやすい臓器だけに、生活習慣を見直してみたり、疲れがたまり過ぎていないかリラックスをしたりする工夫をしてみることもお勧めです。