ネキシウムと太田漢方胃腸薬をチェックする特徴とは

ネキシウムと太田漢方胃腸薬をそれぞれチェックをしてみると、それぞれの特徴が判明します。
胃の病変に用いるという目的は、どちらも同じですが作用の仕方や効果はそれぞれ独自のものがあります。

まず、ネキシウムは、胃酸分泌の最終過程にあるプロトポンプに作用して、胃酸の分泌を強力に抑制します。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非ステロイド性抗炎症薬による胃潰瘍または十二指腸潰瘍の副作用の再発を抑制するためにも使用されます。

胃酸分泌を抑制し胃の内部でのpHを上昇させることが出来る薬です。
ヘリコバクター・ピロリ感染のための胃炎に対して除菌療法にも用いられており、他の2種の抗菌剤と一緒に処方されます。

一方、太田漢方胃腸薬は、その名前が示すように漢方が配合されています。
こちらは、ストレスから来る胃へのダメージで、不安や緊張などによって自律神経のバランスが乱れることで、胃の不調になることも珍しくありません。
太田漢方胃腸薬IIは、乱れた自律神経を正常に整えて、胃痛や食欲不振、むかつき、はきけなどの胃の不調を改善して行きます。

この太田漢方胃腸薬IIには、もちろん、独自の漢方の成分が配合されています。
「安中散」は自律神経の乱れに効果があり、それに、精神安定作用がある生薬も配合されています。
これにより、ストレスに対する効果が強くなっています。
いつも、胃弱になりがちの方や加齢などに伴う慢性胃炎にも最適です。

また、現代人の誰もがストレスを抱えているため、暴飲暴食をしていなくても胃の不調がありどうもすっきりとしないという方や、ふだんから胃腸の弱さを感じている方にも最適な胃腸薬です。

このように、ネキシウムは特定の疾患に対して効果がある薬であり、太田漢方胃腸薬IIは市販薬ですのでストレスを抱えていることで胃弱になりやすい方に適している薬という区別が出来ます。