ネキシウムの特徴について

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎といった胃液の酸性度の高さが病状を悪化させることになる疾患の治療に用いられる治療薬であり、特に重症の場合には頻繁に処方されています。ネキシウムはプロトンポンプ阻害剤と呼ばれる治療薬であり、同様にして用いられるH2ブロッカーと呼ばれるものに比べていくつかの特徴があります。プロトンポンプは胃壁から胃酸の分泌を行っているタンパク質であり、その機能を抑制することができるのがプロトンポンプ阻害剤の特徴です。そのため、胃酸分泌をどのような内外からの刺激からも抑制することができるということから胃酸分泌抑制効果が高いというのが特徴として知られています。また、効果が持続的であって1日1回という少ない投与回数でしっかりと効果を発揮することができるのもネキシウムの特徴です。これはプロトンポンプ阻害剤としてプロトンポンプの機能を不可逆的に阻害してしまうことができるからであり、実質上、プロトンポンプを機能できないままにしておくことができるという特徴があるからです。そのため、ネキシウム自体はすみやかに代謝を受けて血液中の濃度は低下してしまうのですが、およそ一日程度は十分に効果を発揮し続けることが可能であり、長時間に渡ってプロトンポンプの機能を阻害しておくことができる医薬品となっています。一方、ネキシウムがプロトンポンプと相互作用するためには酸によって分解を受ける必要があるため、飲んでもすぐには効果が現れてこないということもよくああります。ある程度の期間にわたって使用するときには問題がありませんが、即効性を期待するとH2ブロッカーには劣ってしまうことも多いのが特徴です。

ネキシウムとガスター10の違い

ネキシウムは胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療に用いられる医薬品としてよく知られるものとなりました。同様にして市販薬として胃潰瘍などの治療に用いられる医薬品にガスター10があり、薬局でも簡単に購入できるようになったことによってより知名度の高い医薬品となっています。ネキシウムもガスター10も胃において胃酸の分泌を抑制することによって胃の酸性度を下げることができるというのが胃潰瘍などの治療に効果を発揮する作用として知られていますが、これらの医薬品は胃酸の分泌を抑制するメカニズムに違いがあります。胃壁を作っている壁細胞にはプロトンポンプと呼ばれる胃酸を分泌することができるタンパク質が存在しています。その胃酸分泌機能を促すように壁細胞にシグナルを出す受容体として、アセチルコリン受容体、ヒスタミン2受容体、ガストリン受容体が知られており、それぞれアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンが結合することによって壁細胞に対してプロトンポンプを動かして胃酸を分泌するようにシグナルが生じます。この胃酸分泌過程の中で、ヒスタミン2受容体を阻害することによって胃酸の分泌を抑制するのがガスター10であるのに対し、プロトンポンプの機能を阻害することによって胃酸の分泌を抑制するのがネキシウムです。こういった違いがあることによって胃酸分泌を抑制する効果の高さに違いが生じています。ネキシウムの場合にはアセチルコリン、ヒスタミン、ガストリンのいずれの刺激によっても胃酸を分泌させないことができますが、ガスター10の場合にはヒスタミンによる刺激による胃酸分泌のみを遮断することができます。そのため、より高い効果を発揮するのがネキシウムなのです。

ネキシウムが効かない場合もある

ネキシウムは胃潰瘍、十二指腸潰瘍を代表とする消化性潰瘍や胃酸過多による逆流性食道炎などの治療、及びいくつかのケースにおける胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発予防に用いられる治療薬です。その基本的な作用機序として知られているのが胃酸の分泌を抑制することによって胃の酸性を下げるというものであり、胃酸分泌が過剰になってしまっている場合の対症療法や胃潰瘍などの酸による悪化を防止するために用いられます。しかし、ネキシウムを服用することによってできることは胃の酸性を下げることだけであり、病気の治療自体は自分の自然な治癒力に依存しています。消化性潰瘍の場合には胃などにできてしまっている潰瘍を自然に回復しなければなりません。その治癒力には栄養状態や新陳代謝の良さ、血液状態などの様々な要素が絡んでくるため、人によってはネキシウムの最大投与期間とされる8週間に到達しても感知しない場合があるのです。一方、逆流性食道炎の場合には胃酸を抑えることによって食道炎自体は回復することはよくありますが、胃液の逆流は起こり続けて完治に至れないこともあり、その際には難治性逆流性食道炎と診断されるようになってしまいます。これは胃液が逆流する原因が別にあって、その治療を行わなければ根本解決が行われないというケースであり、太り過ぎによって腹部にある臓器が圧迫されてしまうことによって胃が上側に向かって圧力を受けがちであったり、食生活の乱れや過度なダイエットによって食事によって逆流を起こしてしまいやすくなったり、摂食障害の延長で食べたものを吐き出しやすくなってしまったりしていることがあります。こういった場合には原因治療を行わなければネキシウムを飲んでも効かないことがあるのです。